1. HOME
  2. エロコラム
  3. オナニーのやり過ぎには注意

ストレス発散方法としてオナニーをしている人は要注意!オナニーがもたらす心身への悪影響について解説しています。

オナニーのやり過ぎには注意

オナニーのやり過ぎがもたらす心身への悪影響

アナタのストレス解消法はなんですか?
スポーツで汗を流す事だったり
好きな映画やドラマを見る事だったり
美味しい料理を食べる事だったり
人それぞれストレス解消方法があると思います。
人によってはオナニーでストレス解消する場合もありますが、
適度なオナニーはストレスや性欲の発散になります。
ですが、オナニーのやり過ぎは逆に身体に悪影響を与えてしまいます。
毎日オナニーが日課になってしまっているという人もいるかと思いますが
実は身体に非常に危険な行為なのです。
特に男性の場合はデメリットが多く存在します。
代表的な例は膣内射精障害になる可能性があります。
これは女性の膣の中でイクことができなくなってしまう障害です。
オナニーの刺激に慣れ過ぎてしまい
女性の膣で感じる事ができなくなってしまいます。
また、アダルトビデオやアダルトゲームの見過ぎでも
膣内射精障害を引き起こす可能性があります。
普通のセックスでは興奮できなくなり
勃起不全や中折れを引き起こす場合もあるのです。
また、オナニーをすると男性ホルモンが増加します。
そして射精することにより亜鉛が不足し
身体中の栄養素を大量に消費します。
その結果、薄毛の原因になったり肌荒れを引き起こすようになります。
さらに大量のエネルギーを消耗するので
集中力の低下や体力を消耗してしまいます。
ストレスや性欲を抱えたままの状態も身体によくありませんが
何事もやり過ぎは禁物です。
オナニーでストレス解消する場合は
自分で欲求をコントロールすることが大切になります。